考えろ考えろ

「2月いっぱいで辞めるから・・・。」
数秒の沈黙の後、
「また戻ってくるかもしれんけど・・・。」と 中1の女の子が帰り際に戸口で言って そのまま帰ってしまいました。
その様子を見ていた教室にいた子たちはお互いの顔を見合わせてぽかんとしています。

一人一人の心に誠心誠意 寄り添おうとしてきたのですが、アカンかった。

テストをしたのがアカンかったんかな。
短い時間の中であれこれさせたのがアカンかったんかな。
ああ、違うわ、逆や、もっともっと厳しくせんかったからアカンかったんやわ。

こういうときは、一人塾長は辛いですね。
何でやろ何でやろと考えるも堂々巡りで、今後どこをどう改善すればよいのかすぐには答えが見つからないのです・・・。



学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン




管理者にだけ表示を許可する