応用が利く勉強をしなくては

先日 中1生たちが解いていた数学のテストを小6の女の子にも試してみました。

円周率を3.14ではなくπ(パイ)と置くこと、問題には数字と文字をかけるときに×の記号を省いて書かれていることだけを伝え、できるだけ自力で解くように促すと・・・。
時間はかかりましたが、しっかりと一問一問考えながら8割方解くことができました。

「文字を使うと楽やねー、早く解けるわ。」と、とても嬉しそう! とても満足そう!
量感がついていないと、文字を使って考えることは難しいでしょう。
しかしこの子は、文字を使って一般化することが容易くできました。
本質を理解していると応用が利く、という良い例です


学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン









管理者にだけ表示を許可する