成長する思考力 読解力特化

学林舎の北岡さんから今月7日に発刊されたばかりの『成長する思考力 読解力特化』の検討用見本が送られてきました。
この会社の教材作りのコンセプトは、僭越ながらわたしの考えるところと とても似ていると感じています。

時間に追われ思考停止状態にある子どもたちに思考する時間を与えたいという思いには、わたしもわたしも、と手を叩きたくなるほど共感しています。

・・・しかしながら、この『思考する時間を与える』というのは口で言うほど簡単なものではありません。指導する側に並大抵ではない根気力が求められます。
機械的にテストで点数を上げるスキルを教え込むほうが どれだけ容易いことか。

でも・・・この教材使ってみたい。まだ時間に余裕のある中1のこの時期なら頑張れるかも。

それほどページ数は多くはないけれど1冊仕上げるのに時間はかかるかもしれない。
でも仕上げることができれば、読解力はつくと思います。

わたしの根気力が子どもたちの読解力を底上げするのであれば、頑張るしかないでしょう。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する