入試問題によくでる本

速読速聴だけのために教室に来てくれている中3生のお母さんから、

『志望校の過去問に、ラフラーンで読んでいる本からたくさん出題されている、と(息子は)喜んでおりました。』

とメールをもらいました。

初めて目にした場合、論説文は特に書かれている内容が具体的なイメージとして頭に浮かびにくいものですが、一度音声を伴って読んでいる文章はトレースしやすく初対面の緊張感でガチガチになることもありません。余裕を持って問題を読むことができます。

入試問題にも著作権がからむので、どうしても同じ本や同じ著者のものから出題される傾向があるのでしょうね。
速読速聴『ことばの学校』で揃えている評論文や小説はそのよく出題されるものばかりです。
中学生にはそれらの本を必ず2巡するように指導していこうと思っています。





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン


管理者にだけ表示を許可する