問題の出し合いもたまにはいいね。

「美術とか、技術家庭とかの勉強法を教えてください。」

「そうやねー、・・・わたしが中学のときの勉強法やけど・・・。友だちと一緒にする勉強法。まず友だちと一緒に教科書のテスト範囲をそれぞれ黙読するんよ。2ページずつくらいかな。しっかり読み終わったら、友だちに5問 問題を出してもらって それに答える。次に自分がやっぱり5問の問題を出して友だちに答えてもらう。これをテスト範囲が終わるまで2ページずつ読んでは繰り返す。最後に全範囲の流れをそれぞれがまとめて話す。これはなかなか良かったよ。内容をしっかりわかっていないと問題を出せないし、自分が気が付かなかった問題を友だちが出してくれることもあるし。後は仕上げに音読すること。」

「なるほどー!! さっそくやってみよ、なっ!」と横にいる子と目配せする子ら。

今日は14時半過ぎには教室を閉めたので その後どうしたのかは知らないのですが。
この方法はなかなか効果的です。友だちと勉強するのは何となく共同作業って感じで楽しいことですね。
ただ・・・問題の出し合いが終わったら、すぐにそれぞれの家に帰って今友だちと勉強した内容のまとめに入ってほしいところですが。
ついでに遊んでしまったかなー、いや、遊びのついでに勉強したって感じかなー




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する