安心したらアカンよ。

初めて五ツ木のテストを受けてきた中三生に、どうやった?と聞くと、
「学校のテストより簡単やった。」と言いました。どの子に聞いても同様のことを言いますが、簡単ではないんですよ。この近辺の学校のテストが難しすぎるのだと思います。

一昨年、他校から来られた理科の先生が、前任校と同じ感覚でテストを作ったら、高得点が続出して差がつかなかったと聞きました。上位の子たちの差をつけるためにテストは難しくなってきたのでしょう。逆に このような難しい学校のテストでは中位層にちょっと届かない子たちから勉強が苦手な子たちまでの差がつきにくくなるのではないかなぁ。

今日、V模試の結果が返ってきました。先の中三生たちの感覚から言えば、学校のテストが一番難しく、五ツ木のテスト・V模試の順にだんだんと易しくなるようです。 実際そうなのだと思います。

思っていたより高い偏差値に嬉しそうな顔をしていましたが、安心してしまって気を緩めないよう、手綱を引き締めていかなければ、と思っています。





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する