よくがんばったねー!!

『人工知能』についての発表の話を4年、5年、6年 総勢21人の子たちにしたのが9月になる直前でした。
ほとんどの子らが、めんどくさいの、恥ずかしいの と、しり込みする中、
先日の6年生の女の子ともう一人、4年生の女の子が真剣に考えてくれました。
それで今日、その4年生の女の子が発表する様子をビデオに撮ることができました。
15日が締め切りなのでぎりぎり滑り込みセーフ、よく間に合ったなぁと感心しています。

6年の女の子も4年の女の子も週に1回しか教室に来ないので、ほとんどこの発表に関しては指導らしい指導もできずじまいでしたが、短い時間にも関わらず二人とも一生懸命取り組んでくれました。

発表する様子の録画を見た中学生が、「この子ら、自分からやるって言うたん?」と聞くので、「うん、わたしは『やってみる?』と言うただけで無理強いはしてないよ。偉い子らやろ。」と、答えると、この中学生、すかさず「無理無理、わたしは無理!」と首をぶんぶん振りました。はぁ・・・(゚д゚)

アクティブラーニングって人によって向き不向きがありますね。調べてまとめることは得意でも発表することは苦手な子もいるでしょう。反対に華やかな発表の場面で力を発揮する子もいるでしょう。役割分担ができるチームとしての企画があると、もっと面白いものになるのではないかなぁと思いました。






学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する