FC2ブログ

連想ゲームの要領で

「先生、smallも little も『小さい』なんですね。違いはないんですか?何で同じ意味の単語があるんですか?」と中1の女の子。
「ああ、わたしも中学のときに不思議に思ったわ、それで英語の先生に聞いたことがあるねんよ。・・・それはね、smallは単にサイズが小さいことでlittleは感情が入るんやって。どういうことかと言うと、littleには ちっちゃくてかわいいー!!って気持ちが入っていたり、ふん、なんてちっぽけなんだ、っていう気持ちが入っていたりするんやねぇ。」
「へぇ、おもしろいですね。『大きい』も二つあるんですか?」
「うんうん、そうそう。そうやって知識を広げていくといいね。・・・smallに対してlarge 、 littleに対してbig。」
「ああ、じゃあbigは感情が入るんですね。」
「そう!! 東京はbig city、面積は狭いけどね。あの人はbigだ、って言ったりするのを聞いたことない? 」
「あります。それって日本語でもありますよね、『大物』ってそうですよね。体は小さくても『大物』、『大人物』って。」
「すごいすごい!! 勉強、ちょっと楽しくなってきた?」
「うーん、ちょっと。」

連想ゲームのように知識をつなげていくことを意識すると応用力がだんだんついてきますよ






学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する