お母さんは今でも偉大なはず !

「イスラム国の人、酷いなぁ。『そんなことしたら お母さんが悲しむよ。』って誰か言うてあげたらいいのに。そしたらそんな悪いことできへんやろ?」と中一の女の子。

本当にね。お母さんの悲しむ顔を見たくない、って思える子は幸せな家庭で育っているんだろうなぁと思います。

「無駄な抵抗はやめろ、田舎のおふくろさんが泣いているぞ!!」は昔の刑事ドラマのセリフ。
今そんなことを百歩譲って言ったとしても、「おおー、母ちゃん、俺が悪かったー!」なんて場面はなかなか想像できませんよね。

家族の絆が弱くなっているのでしょうか。

何が良くて何が悪いのかを一番初めに教えてくれるのがお母さんです。

お母さんは立派でなくてもいい。
子どもが何を考えているのか フィルターを取っ払って じかに見る勇気があればそれでいいと思います。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する