小学校の校章も『六文銭』がデザインされているね。

「今日も学校の帰り道で三光神社の場所を『老人』に聞かれたわ。昨日も『老人』に心眼寺の場所を聞かれたし。」

「『老人』・・・て・・・。『真田丸』 観てはる人やね。」

「うん真田山小学校もテレビの人が映しに来てたから、いつかテレビに出るで。わたし映るかもしれん。」

「わぁ、楽しみやね。」

「うん、そうやねん。それにしても 毎日『老人』に場所聞かれるから、案内するの慣れたわ。」

「あのね、その『老人』ていうのちょっと・・・。ねえ。」

「なんで?『老人』やもん。」

「・・・・。」

なんか、グサッって胸に刺さるのよね。まだ『老人』と呼ばれるには早いと思うのだけれども


学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する