教材を考える3

中学へ上がってもそのままラフラーンに通ってくれる子たちが、ありがたいことに今年はいつもより増えそうです。
それで学習日や回数、教材など大幅に見直そうと思っています。

できるだけシンプルに学びやすいものを、となると学校で使っているワークが一番良いのかなあ、と ここのところ 思うようになってきました。
もう10年以上前になりますが、このワークを3周以上させていたことがあります。
ワークだけ?と思われますか? 今日懇談でお話したお母さんもおっしゃっていましたが、ワークをしっかりできる子は力もある子だと思いますよ。
1回目に間違えたところは、たいてい2回目も間違えます。その間違え方もまったく同じ。情けなくなるほどです。ところが3回目になるとグンと正答率が上がります。4回目は3回間違えたところを集中して『補修』すればよいので、学習時間は初めの半分以下になります。

うーむ、結局 原点に戻るかなぁ。家庭学習の下支えにICT教材も上手に使えば良いですね。
今月末までには何とかしなくちゃ。ホームページも手を入れなくてはなりません。そうそう、小学生の教材も考えなければ。
忙しくなりそうです(^-^)/



学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する