FC2ブログ

何度も書いてすみません。答えを見積もることはだいじです

「淡路島行ってきたよ」
「東京行ってきた」
「プール、雨やった、すっごい雷で怖かった」と

夏色の子たちが白い歯を見せて次々と報告してくれます。
「みんな元気そう、よかったー」

さあ、後半戦、気合を入れ直してがんばろう!


今月入会の3年生の女の子が、右に左に首をかしげながら問題を解いています。
67×2の暗算で、どう考えたのか65という答えを書いていました。

「67×2って、67が二つあるってことだよね。65という答えはおかしいと思わないかい?」
と言いながらドット棒を見せていると、

「うーん、120は超えてるよなー」
と、ふと顔を上げて5年生の男の子が横から助け船を出してくれました。
この男の子は、ホントに機転が利きます。

「今の聞いた?この人、いいこと言うたよ。
算数で大事なのは、答えがいくつくらいになるのかなぁ、て考えること。
このことを 『答えを見積もる』 って言うねん。
数字ばかり見てたら変な答えになっても気づかないけど、
答えを見積もっておくと、桁を間違えるような大きなミスはなくなるよ。
ほら、じゃあ この2×77の問題を解くときは…、
2を77回足すってことやね。77回はもうちょっとで80回になるでしょ。
だから2×80の計算をして答えを見積もってみる。いくらになるかな?」

「えーと、160」

「そうやね。じゃあ初めの2×77の答えは160くらいになるってことがわかるね。
160より大きい数? 小さい数? どっちと思う?」

「160より小さい数になる」

「正解!さっきの問題で○○ちゃんの書いた65という答えはおかしいね」

「うん、おかしい」

ぱぁっと霧が晴れるような顔をして女の子は微笑みました。素敵な笑顔
さっきの5年生の男の子は、と言うと、自分のプリントと格闘していました。ありがとうね。

管理者にだけ表示を許可する