街頭漫才

コンビニの前に自転車をとめていると大声で高校生たちが話をしていました。

「おれ、ずっと雰囲気のことを『ふいんき』って思っててん。」

「あほちゃう、おまえ! て言うか、おれもそう思ってた。『ふいんき』って打って変換しようとしても 思ってる字が出んかったから、あれー? 何でやろって。それで気がついたわ。」

「おまえら、ほんまにあほやなー。きっとシミュレーションのことも『シュミレーション』って言うてるんやろうなぁ。」

「えっ? 何て、どうちがうん? 何て? 『シュミレーション』とちがうん?」

「おい、あんまり あほなこと言うてるから、あの人ずっとこっち見てるやないか。」
と言ってわたしの方をチラッと見ました。

あー、もっと聞いていたかったわー 


学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する