おぉ カミよ!!

しっかり休んでしまいました。
夏休み明けの子どもの気持ちがよくわかります。
こういう日は何か忘れ物がありそう。
「お財布、持った! スマホ、持った!  眼鏡、持った! 手帳、持った! OK!! 」

教室に着いて ざっと部屋の中を見渡す。うん、何も変わったことはなかったな。
掃除は休み前にしていたので余裕だなぁ、なんて思いながらトイレに入ると、
ややや、トイレットペーパーの全体像がカバーに隠れて見えません。予備を置いておく必要がありそうだな、と倉庫を探しましたが、わー! 無いよー!! 
これは困りました。もう子どもたちが来ます。買いに行く間がありません。

どうしたものか、しかたない・・・
「すみません。○○ちゃんが来られるときに、トイレットペーパーを 一つ持ってきてもらってもよいでしょうか。」次の時間に来ることになっている女の子のお家に電話をしました。

教室を開いて25年になりますが、生徒のお母さんにこんなことを頼んだのは初めてです。
すみません。弛んでいますね。

「せんせー、はい、持ってきたよー!」と鞄からトイレットペーパーを二つ取りだした女の子。みんな笑っていましたが、ちょっとホッとした顔をしていました。ありがとうございました。

これ一番大事なものよね。忘れないように気をつけます(#^.^#)

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する