9円でも100円あると考える。

次の数を切り上げて百の位までの数にしよう。と いう問題。
間違える子が後を絶ちません。
1709の場合は、1800ですね。

「千円札1枚、百円玉7枚、一円玉9枚で1709円になるやろ。百の位までの数にしよう、というのは、百円に満たないお金を百円とみなす、ということやで。つまり、9円やけど百円と考えるということ。全部でいくらになる?」

「・・・」

「1700円と百円で1800円になる、ということです。」

「はー・・・」

この9円しかないのに100円あると言い切るところに抵抗があるみたいですが、
「十の位で切り上げる」と説明するよりもずっとわかりやすいでしょう。
特に1709のように十の位の0だけを見て切り上げられないと思う子がたくさんいますが、100円に満たない9円でも100円とみなす、と考えると理屈がわかって答えを出すことができると思いますよ。
 
学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン


管理者にだけ表示を許可する