教材を考える 2

なかなか勉強に身が入らない中学生をどうしたものかと悩むあまり体調を 壊したこともありました。
ところが夏休みに入り 教室で使う教材を思い切って映像とプリントのハイブリッド教材に替えてから、その悩みはだんだん薄れ そんなことで悩んでいたっけ・・・と自分でも不思議に思うくらい気分的にも落ち着いてきました。

アナログなんですよね、わたしは。どうしてもパソコン任せの教材は後ろめたい気がしてしょうがないのです。わたしがそんなもんだから 子どもたちにも気づかぬうちに伝染していたんでしょうね。もっとパソコンに精通している先生の教室なら違った雰囲気になっていたのかもしれません。

9月6日 東京で『わくわく文庫』の読書感想文コンクールの授賞式があります。その前に自立学習の勉強会が、そして夜には自立学習型の個人塾の先生方が集う懇親会もあるので刺激をもらってこようと思っています。

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する