当たり前のことだと思っていました。

関大一高の『入試前受験相談』の一件が物議を醸しているようですが、こんなものずーっと前から当たり前に行われてきたことですよね。何を今さらと思ってしまいます。
亡くなった夫は中高一貫校の教師をしていたので30年以上前からこの『制度』のことは知っていました。
ほとんどの私立高校の入試は形だけのものであって受験相談で○がつけばよほどのことが無い限り不合格にはならないのだ、と知ったときは さすがに驚きました。
でもすぐに この『制度』がなければ 中学校の授業は成立しないのだなぁと変に納得したことを覚えています。

今回の一件でこの『制度』は無くなるのでしょうか。
いや、この必要悪のような『制度』は今まで以上に表面的には見えなくなっても無くなることはないだろうと思います。
公立中学にとっても、私立高校にとっても生徒を繋ぎとめておくこの『制度』が無くなるとは思えないのですよ。

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する