再び防犯カメラ 

教室の近くで、ひったくり事件があったらしく、防犯カメラに犯人が写っていないか、と 午前中に刑事さんが来られました。

昨年の春に防犯カメラを付けたとき、四つ角がはっきり写っているのを見て、「ちょっと地域に貢献することもできるかも、そんな機会は本当は無い方がいいのですけれどもね。」ってブログに書いたのですが、『そんな機会』が来てしまったようです。

モニターには、猛スピードで走り去る自転車に乗った中年の男の姿が写っていました。
カメラの設置角度上、残念ながら後姿しかわからなかったので、決定的な証拠資料にはならないそうですが、刑事さんたちは写っている時刻が正確かどうかを 何度も確かめてから自転車に乗った男の映像の写真を撮っておられました。

公園が前にあり、夜はひっそりとする場所です。大通りから一筋入っているので、悪いことをしようと思う人がいてもおかしくないのですねぇ。
日が遅くまで落ちないので、子どもたちの帰りが少々遅くなってもあまり心配していなかったのですが、油断大敵ですね。
用心するよう注意を促していかなければなりません。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する