生きた勉強

家族で遠出した子どもたちからよくお土産をもらうんです。
どこへ行って来たの?と聞くんですが、高学年の子でもホテルや旅館の名前は言えても何県なのか具体的な場所がわからないことがよくあります。
家族で遊びに行くときは、行先を子どもと一緒に地図などで確認すると良いですね。
近場でも電車などを使うときは、電車の名前や発着の駅名、乗り換えの駅名などを予め路線図などで子どもと一緒に調べる習慣をつけておくこと。生きた勉強ができるチャンスを無駄にしないように。もったいないですよね。


今日、幼稚園年長組の男の子のお母さんとの懇談で話しました。
この男の子のお母さんは、以前からこの『生きた勉強』を実践されています。

子どもに考える力を付けさせるには、ひと手間かけて 手はかけない。これがだいじ。
さっきの話で言えば、地図や路線図を用意して目的地の下調べなど準備は必要ですが、あとは、乗り換えや電車を降りるときなど、先もって指示しないようにするということです。
乗り過ごすこともあるでしょうから、その分を見越して時間に余裕を持って出かけてくださいね。子どもが失敗してもけっして怒らないでくださいね。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する