さあ、どうする。

「うるさくて集中できない、あいつ、殴ってもいいですか?」
ひとり黙々と問題を解いていた中三生が吐き捨てるように言いました。

ずっとそばで見ていると、おとなしくはないけれども何とかかろうじて周りに迷惑まではかけない。でも他の子の質問に答えていると、ふざけ始める中二生。

叱ると、「ぼくばかり何でおこられるん?」とふてくされる。
勉強する意味をこんこんと話して聞かせても、神妙になるどころかすぐに茶化してくる。
こんなことをしていては、将来ほんとうに困るよ。大人になったらちゃんとする、と言うけれども それでは遅いんやで。

一昨日ブログに書いた『誓約書』が頭をかすめた。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する