わたしにできるか?

「自立学習ができるのは、平均以上の学力がある子です。」と聞いたときには、はぁー・・・と力が抜けそうになった。
以前の中二トリオが「すらら 難しい―」と言ってやめて行ってから、勉強が苦手な子でも取り組める勉強法をずっと探してきた。
やっとたどり着いた教材も、彼らには不向きなのか?

話には続きがあった。
「成績が良くない子でも、この教材を使って鍛え上げ、周りがビックリするような高校に合格させている塾がある。」と。
暗闇でシュッとすられたマッチの灯のように、目の前がボッと明るくなった。

生徒にも指導者にも相当な覚悟がいるのは確かだ。勉強会後に聞いた 塾の規約について保護者の了承を得る『誓約書』には指導者の並々ならぬ意気込みが感じられた。

実行するには鬼にならなくてはならない。そう思うと ひるんでしまう。どこまでわたしは甘くできているのだろう。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン


管理者にだけ表示を許可する