新教材は生徒たちに好評なようです。

勉強が苦手な子にとって、5分以上人の話を集中して聴くことは難しいのだなぁ、と つくづく思います。
この子たちは往々 面と向かって話していても、途中で目が泳ぎ始め あきらかに退屈そうな態度をとります。
反対に、今現在の成績は良くなくても、人の話をじっくりと聞ける子は大丈夫。こういう子は学年が上がるに連れて成績も上がり始めるようです。

新しく入れたSelfeeWin-iという教材は、映像による解説が5分ほどにまとめられています。動画を見た後はテキストやプリントで知識のまとめや問題演習をするのですが、この流れが連動していて無駄が無くていいですね。
生徒たちは学習進度表に学習済みのチェックを入れるなどして自分で管理することにも少しずつ慣れてきました。
バーコードチェッカーを使って問題をプリントする作業もわたしよりもスムーズにできます。

『すらら』が難しすぎる、と泣きそうになって教室に来なくなったあの中2トリオ、もう一度声をかけてみようかな。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する