喜ばしいこと

一人の中学生が教室をやめることになった。
「他塾に行かれるのですか?」と聞くと、
「いえ、自分ひとりでも勉強できるとわかったので」という言葉が返ってきた。

そうか、それは良かった。本来勉強とはそういうものだ。勉強の仕方さえわかれば自分でできる。

定期テストの結果が悪ければ、他塾に行こうとするのはわかる。
でもこの子は素晴らしい成績だった。塾は必要ない、と判断されたようだ。
広告塔になるべき生徒だっただけに ちょっと残念。

でも一人でも多く この子のように自学できる子を育てるのが目標なのだから、喜ばなければならないな。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する