すごいよ。

『実感算数』の最終集には、中学受験の問題がたくさん出てきます。

こつこつとがんばってきた6年の男の子が、今日この最終集に入りました。
自分の力でどこまでできるか お手並み拝見。

中学受験専門塾なら解き方をまず教えるのでしょうが、うちはこの最終集に関しては何の指導もなしにプリントを渡します。

これまでも ここまで来た子たちは、難しい問題でも わたしの力を借りようとはせず試行錯誤を繰り返しながら自力で解いてきました。
今日のこの男の子もそう。全くひとを頼らない。
図を描いてじっくり考えながら解いています。

進学塾なら面積図を描いて解く定番の問題も、この子独特の解き方で解いてしまいました。
皆 この子にとって初見の問題ばかりですが。
解き終わってから、中学受験の問題だよ、と伝えると、「へぇ」と言って意外だなぁというような顔をしました。
中学受験の問題って難しくないんだな と思ったのか、中学受験の問題ってパズルみたいでおもしろいな と思ったのか。
いずれにしても この子は受験はせずに地元の公立中学に進むそうです。

『実感算数』の教材は指導するのが難しい、と 言う人が多いのですが、そんなことはないと思いますよ。
級が上がるに連れて数学的なセンスが身についてくるので指導しなくてもよくなるのですから。
最初だけちょっと指導に根気が要りますが、それを乗り越えると指導される側も指導する側も、苦しくなくなるんです。
そして中学に上がったときに皆一様に「『実感算数』やってて良かったー」と まさに実感するようです。

今日も中二の『実感算数』育ちの男の子が、「数学のテスト、バッチリ!!」と嬉しそうに言ってましたものね。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する