お手伝いありがとうございました。

今日は午前中にシャッターが調子よく開くかどうか確かめに教室に行きました。
昼からお母さん方や子どもたち、塾仲間に手伝ってもらって品物の値付けや教室の飾りつけをすることになっていたので、その時になってシャッターが開かなければ大変なことになると思ったからです。
昨日あれだけ意地を張っていたシャッターでしたが、今日は開くのも閉めるのもスムーズで昨日のことが嘘のようでした。

商品の値付けもどんどん捗り、あとは大人の服が残るだけになりました。
「あー、この靴35000円だったんだよなー、一回も履いてない。あー、この服も買っては見たものの小さくて着られなかったー」と自分を戒めるように一つ一つ買ったときの値段を言いながら品物を広げました。もう昔のような衝動買いは少なくなりましたが、まだまだ無駄な買い物をすることがあります。
このバザーは今までの消費行動を見直す良いきっかけになりそうです。

明日は休んで また明後日からラフラーン祭の準備は続きます。
子どもたちが飽きずに手伝うことができるように何か考えなければ。
今日も「手伝わんのやったら、帰れー!!」と怒鳴る場面が幾度もありました。

せっかくの学びの場です。準備段階から子どもたちが工夫して自ら動けるようなことを考えてやらねば。

今日は長時間にわたりお手伝いいただきありがとうございました。
もうゴールも見えてきたので、お手すきのときにお手伝いいただけると嬉しいです。
あとはディスプレイのよい案がありましたら、お教えくださいね。
よろしくお願いします。

----------



学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン






管理者にだけ表示を許可する