勉強嫌いな子を拒絶しないプリント

問題集についている別冊の解答書は文字が小さい上に解説が不十分なものも多く、勉強が苦手な子はとても不親切に感じるのでしょう。ほとんどの子が ただ正答を赤ペンで写すだけで終わっているようです。
こういう問題集を見ていると、勉強が嫌いな子をもっと嫌いにさせようとしているんじゃないの?と疑ってしまいます。
もう少し敷居を低くしてやることで、モチベーションを下げることなく問題に取り組めるのではないか、とあれこれプリントを作ってみました。

A3用紙の左半分に数学の問題を 右にはその問題に途中式も丁寧に書きこんだ正答を 見開きにして印刷しました。

「これ、わかりやすいわ。なるほど、ぼくここで間違えてたんや。ほら見て、この式、途中まで合ってるのに 最後に符号を間違えてる」

正答を問題の縮刷ではなく、そのままの大きさにして答え合わせもしやすくしました。
プリントの左右を照らし合わせてストレスなく丸点けができているようでした。

問題を解こうとする子に背を向けるのではなく、後ろから支え、押し上げてくれるようなプリントを工夫して作っていこうと思います。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン



管理者にだけ表示を許可する