2015年10月 の記事一覧

中学受験について思うこと。

ラフラーンは教育熱の高い地域にあることは何度も書いています。
中学受験率も他の地区に比べると非常に高くなっています。
うちは中学受験には対応していないので、受験を希望する人は途中から進学塾に転塾していくことになります。
先日、「クラスのほとんどの子が受験するねんよ。わたしもしようかな、って思うわ。なんか焦るわ。」と6年生の女の子が言っていました。
この言葉は毎年聞きます。受験期になると、欠席する子ばかりで授業にならない と子どもたちはよく言っていました。受験日の小学校ではガランとした教室内で いつものように登校してきた子たちは 何となくばつが悪い 居心地が悪い思いをしていたようです。

何を隠そう、長男は中学受験をしました。地域的に受験する子が少なかったので長男は肩身の狭い思いをしているのかと思いきや、受験前は難しい問題を解くのが楽しいのか嬉々として電車に乗って塾に通っていました。

そんなものなのか、と次男も同様に塾に行かせてみましたが、これがまた苦痛で苦痛で仕方がない、塾で食べる弁当だけが唯一の楽しみ、という様子でしたので、すぐにやめさせました。次男には向いていなかったんです。この子は小学校時代はこれでもか、というくらい遊び倒していました。

でも不思議なことに、仕事に就いてから次男は猛烈に勉強しています。仕事柄覚えなくてはいけないことがたくさんあるので仕方がないと言えばそれまでですが、あれだけ遊び呆けていた子が 嫁の「ご飯やでー!」という言葉も聞こえないくらい集中して勉強していると言うのですから驚きです。

何が言いたかったのかというと、勉強する時期は子どもによって違うということ、です。
確かに長男は「中学受験で勉強したことが大学受験で役に立った。」とよく言っていました。考え方や覚え方、基礎的な勉強法は中学受験の勉強をすることで培われることは否めません。ですが、その深い学習、考える学習ができるようになる前の段階で、機械的な意味を考えない やたら詰め込むだけの学習しかしていないのに合格してしまった場合は、たとえ中・高・大と首尾よく進学できたとしても、自分の頭で考えない癖がついてしまっているので、その後の人生はあまり面白くないものになるだろうと思われます。


ハロウィンがここまで急激に広まったのは、周りの人の動きに左右されやすい日本人の特性が原因なのでしょうか。教室のあるこの地域も同様のように思います。わが家に、自分の子に中学受験は合っているのか、と じっくり考えるべきなのではないかなぁと思います。

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン