FC2ブログ

カテゴリ:ひねもすのたりのたりかな の記事一覧

街頭漫才

コンビニの前に自転車をとめていると大声で高校生たちが話をしていました。

「おれ、ずっと雰囲気のことを『ふいんき』って思っててん。」

「あほちゃう、おまえ! て言うか、おれもそう思ってた。『ふいんき』って打って変換しようとしても 思ってる字が出んかったから、あれー? 何でやろって。それで気がついたわ。」

「おまえら、ほんまにあほやなー。きっとシミュレーションのことも『シュミレーション』って言うてるんやろうなぁ。」

「えっ? 何て、どうちがうん? 何て? 『シュミレーション』とちがうん?」

「おい、あんまり あほなこと言うてるから、あの人ずっとこっち見てるやないか。」
と言ってわたしの方をチラッと見ました。

あー、もっと聞いていたかったわー 


学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

形影一如

奈良のおじさんとおばさんの話を聞いていると、あっという間に時間が経ってしまいます。
 
おじさん「この前は『日待ち』やっての、ここいらのもんが集まってたんや」

わたし「『ひまち』? 何です?それ。」

おじさん「皆集まって前の日から体を清めてな、夜通し起きて朝日を拝むんじゃ。朝日を待つってことや。」

わたし「へーっ、夜通しですか?」

おじさん「いやー、この頃は前の晩1時間くらい集まるだけじゃ。だんだん行事もお手軽になってきてアカンわ。コミュニケーションが不足する。」

おじさんの口からコミュニケーションという英語が飛び出したので、思わず吹き出しそうになりました。そんなわたしを見て怪訝な顔をしながらおじさんはトイレに立ちました。

すると、おじさんが廊下に消えていくのを見届けてから、おばさんが言いました。
「コミュニケーション、てなぁ。あの人何しゃべってはるんやろ。家でも要点しかしゃべりはらへんのに。なぁ。そんなん夜通しおっても、二言三言と違いまっか?あの人しゃべるの。」

言い終ると、おばさんは眉毛を上げて口をすぼめたので、またその顔を見てわたしは吹き出してしまいました。

おばさんはよく見ると整った顔立ちをしています。おじさんも若い時は映画俳優のようでした。綺麗な夫婦だったんだろうなあ、とニヤニヤしているといつしかおじさんはトイレから戻ってきて、
「ほら、はよ墓参ったって。日が暮れたらここいらは真っ暗でぇ。」と言ったので、やっとこさで重い腰を上げました。

両親は、平均寿命を待たずに逝ってしまったので、このおじさんとおばさんには長生きしてほしいなぁ、と思っています。

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

夏が来たんだなぁ。

ソテツの葉が茶色くなったので散髪しました。
柔らかい新しい葉っぱが すっくと伸びています。

015_convert_20150607230434.jpg

来年は大きな鉢に植え替えなアカンなぁ。。。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

0ff

クリント・イーストウッドってアーノルド・シュワルツェネッガーと似た表情をするときがあるんだなぁ、と『アルカトラズからの脱出』を観ていてぼんやりと思いました。

今日は久しぶりの完全off。脳みそ溶けそー

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

お気に入りのお店になりそうです。

谷町六丁目の駅のすぐ近く 『コトコトダイニング』に行ってきました。

前に妹が「お姉ちゃん、きっと好きやと思うよ」と言っていたので、ずっと気になっていたんです。
大正時代の町家を改装した 煮込み料理のお店でした。

『パプリカシュ・チルケ』というハンガリーのお料理をいただきました。
パプリカと鶏肉を炒めて煮込んだ、サワークリームがアクセントのあったまる一品。
初めて食べたのに懐かしいような優しい味で、とっても美味しかった !!
カレーや、夜はおでんもあるようなので、また近いうちに行こうと思っています。

header_convert_20141108232516.jpg



この近辺は戦火を逃れた古いお家がここかしこに残っているうえ、坂も多いのでちょっと京都のようです。

若いときは、ピカピカ光る新しいものに惹かれた時期がありましたが、
古いものを大事に手を入れながら使い続け次に伝えるって素敵だなぁ、とやっと思える年になったみたいです。
年をとるのも悪くないですね

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン