FC2ブログ

カテゴリ:教室の一日 の記事一覧

定期テスト対策

「わぁ、お菓子いっぱいやなぁ。」と、3年生の男の子。

「そう、今日 明日 明後日と3日連続で中学生たちがテスト勉強しに来るからね。」

「3日連続!? 祭りみたいやな。」

「ははは、祭りか、長時間勉強するから しんどいんよ。だから休憩のときにお菓子を食べるんよ。」

「いいな、やっぱ祭りや!」

祭り、・・・うまいこと言うなぁ。
クーラーをかけないと暑くて暑くて息苦しいくらい! 狭い教室で湯気がたちそうな熱気の中学生たちは金魚鉢の金魚みたい。
あっ、やっぱり祭りやなぁ。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン




みずみずしい感性


何度も見に来てくださった方々、すみません。

わたしはどうも2つ以上のことを同時進行させるのが苦手なようです。いかんなぁ、こんなことでは。。。





昨日の体験学習に来られた小1生。

リンゴ3個とバナナ2本を合わせると、いくつ? の問題に、少し考えてから、
「『かわ』はむく?」と、言いました。
「え? かわ?」と、わたし。
「うん、リンゴの『かわ』は むかなくてもいいか。。。でもバナナの『かわ』はむくよな。」
「ああ、皮、ね。 ・・・うーん、皮は・・・」
「水は?」
「え? 水?」
「うん、水を入れるかどうかで、答えは変わるなぁ。」
「え? 入れるとどうなるの?」
「飲める人数が増える。でも味は薄くなる。牛乳があればいいな。。。」

ややや、スムージー? ミックスジュース?
算数の問題なんだけど。
隣で黙って見ておられたお母さんが、困ったような顔をされました。

でも、素敵だなぁ。彼の感性。この感性を保ったまま大きくなってほしいと思いました。







学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン
















ばつが悪い の例

いろいろ書きたいこともあったのですが・・・
月1回のペースになりつつあります(*゚ェ゚*)

この前の金曜日のこと。

「『ばつが悪い』ってどういうことですか。」と中3生。

うーん、何かわかりやすいたとえはないかなーと考えていると、そばでやり取りを聞いていた小3の男の子が、
「友だちの家で冷蔵庫を開けてるところを 家の人に見られたとき、・・・とか?」と言いました。

「うわーっ、それは ばつが悪いなぁー!! ぴったりの例をありがとう。ほんと これ以上わかりやすい例はないわ。」と、わたし。
これには中3生も苦笑いしながら ばつが悪そう。

この小3の男の子、これは想像上の例? 体験からの例?
そこは聞きませんでしたが



また ゆるゆると書いていきますので、ときどき覗いてやってくださいね。
よろしくお願いします。






学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン












いつまで経っても勉強です。

「マススタート、出ましたよ。」

「良かった、書けた?」

「はい、もちろん。」

保健体育のテストに平昌オリンピックについて出題されると聞いたので、みんなで山を掛け合っていたのです。
大当たり ! 新種目で初めての金、とあれば、誰もが山を張りますよね。




「社会のテストは?どうだった? 三角貿易は 出た?」

「これは出ませんでした。」

「それは・・・良かった、・・・よくわからんかったもんね。」

「お父さんが言うには、アヘンを作らせたのも船で運んだのも売ったのもイギリス人やって。インド人は何もしてないって。それじゃ、なんで三角貿易っていうんでしょうか。インドにお金は入ったんですか?」

「イギリスはインド人から買ったアヘンを中国に売った、と ある・・・。 確かに、そんな回りくどいことしなくても良さそうなものなのにね。インドはイギリスの植民地やったんやからねぇ。 ようわからんなぁ。他の資料にはアヘンの密輸出でインドが得た銀をイギリスが取り戻した。イギリスの綿織物を無理やりインドに買わせることで・・・、ともある。なんか、本当のところはどうなんやろか。イギリスの一つの会社がやったことで、イギリスの国は関与してなかったんかな。関与してなかった、というふうにしていたんかな。」

調べれば調べるほどわからないことだらけです。


ということで、とりあえず今日届いたばかりの、陳舜臣の『実録アヘン戦争』を読んでいます。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン








今年もよろしくお願いします。

遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

教室は5日から開けていたのですが、確定申告の帳簿の整理を早めにしておきたくてブログの更新が滞っていました。
なんとかめどがついて やれやれ、というところです。



チャレンジテストの過去問が冬休みの宿題に出されていたようです。今日が年明け初日の中2生がいくつも付箋がついたプリントを持ってきました。
その付箋を指して「こんなにわからないところがありました。」と言いながら。

見てみると、なるほどと思えるところに付箋がついています。しっかりと考え尽くしたのでしょう。
・・・不思議なことに、質問にきた子はこの子だけなのですが、他の子たちはどうしたのかな。

この子は一年で校内席次を50位近く上げました。これだけ丁寧な学習を続けてきたのですから上がるはずですね。

わからないところをそのままにしない。
当たり前のことですが できている人はとても少ないと思います。







学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン