カテゴリ:学習法 の記事一覧

目に入る情報を制限すると

20170315_080306930_iOS_(2)_convert_20170316000653.jpg

点描写を苦手とする子は意外と たくさんいます。
上の写真のように半分隠して写す範囲を狭めることで作業がしやすくなります。

同様に国語や英語の長文読解の場合も1段落だけ見えるようにして他の段落は紙などで隠すと読み取りやすくなるようです。
1段落ごとに内容を捉えることで、他の段落とのつながりも見えてきます。





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン




問題の出し合いもたまにはいいね。

「美術とか、技術家庭とかの勉強法を教えてください。」

「そうやねー、・・・わたしが中学のときの勉強法やけど・・・。友だちと一緒にする勉強法。まず友だちと一緒に教科書のテスト範囲をそれぞれ黙読するんよ。2ページずつくらいかな。しっかり読み終わったら、友だちに5問 問題を出してもらって それに答える。次に自分がやっぱり5問の問題を出して友だちに答えてもらう。これをテスト範囲が終わるまで2ページずつ読んでは繰り返す。最後に全範囲の流れをそれぞれがまとめて話す。これはなかなか良かったよ。内容をしっかりわかっていないと問題を出せないし、自分が気が付かなかった問題を友だちが出してくれることもあるし。後は仕上げに音読すること。」

「なるほどー!! さっそくやってみよ、なっ!」と横にいる子と目配せする子ら。

今日は14時半過ぎには教室を閉めたので その後どうしたのかは知らないのですが。
この方法はなかなか効果的です。友だちと勉強するのは何となく共同作業って感じで楽しいことですね。
ただ・・・問題の出し合いが終わったら、すぐにそれぞれの家に帰って今友だちと勉強した内容のまとめに入ってほしいところですが。
ついでに遊んでしまったかなー、いや、遊びのついでに勉強したって感じかなー




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

基本的なことを毎日する

昨日のブログの記事を読んで、ひとり塾長の友だちが、
「学力が着く手順と方法とは? 企業秘密なんですか? それと、前に勉強くらい自分が主役にならなければいけない、と書いていたのに、私を信じてというのは矛盾しているのでは?」とメールをくれました。

まず、企業秘密なんかではないですよ。本当に全然複雑なことなんて言ってないので。
●教室で問題集の基本問題をするので、家ではその練習問題を必ずすること。
●英語は、毎日シャドーイングとディクテーションをすること。
●学校指定のワーク(問題集)は授業があったその日に習ったところはしてしまうこと。
これだけです。
ね、基本的なことでしょう。宿題の量も少ないですよ。でもこれだけで普段の勉強は充分だと思います。
自分が主役の勉強は、この基本的なことができていてこその話です





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

トラスト ミー!

中学生たちには教室と家での学習の手順と方法を紙に書いて明確に伝えています。
全く複雑ではなく『その通り』にすれば力が着くと思われる方法です。
しかし、なぜなのか『その通り』にする子は一人しかいません。
見ていると彼はいつもその紙を確認してから勉強に取りかかります。
その子は今回のテストでも全ての教科で皆が驚くような素晴らしい点数を取ってきました。

自分勝手な方法で勉強しようとする子たちに、「お願い、わたしを信じて一回言う通りにやってみて!!」と言っているのだけれど、やらない。単純だが効果的な方法なのに。
水飲み場まで連れて行って水の飲み方まで教えているのに・・・飲まない。

謙虚で素直、これに尽きます、勉強ができるようになるための秘訣!




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

連想ゲームの要領で

「先生、smallも little も『小さい』なんですね。違いはないんですか?何で同じ意味の単語があるんですか?」と中1の女の子。
「ああ、わたしも中学のときに不思議に思ったわ、それで英語の先生に聞いたことがあるねんよ。・・・それはね、smallは単にサイズが小さいことでlittleは感情が入るんやって。どういうことかと言うと、littleには ちっちゃくてかわいいー!!って気持ちが入っていたり、ふん、なんてちっぽけなんだ、っていう気持ちが入っていたりするんやねぇ。」
「へぇ、おもしろいですね。『大きい』も二つあるんですか?」
「うんうん、そうそう。そうやって知識を広げていくといいね。・・・smallに対してlarge 、 littleに対してbig。」
「ああ、じゃあbigは感情が入るんですね。」
「そう!! 東京はbig city、面積は狭いけどね。あの人はbigだ、って言ったりするのを聞いたことない? 」
「あります。それって日本語でもありますよね、『大物』ってそうですよね。体は小さくても『大物』、『大人物』って。」
「すごいすごい!! 勉強、ちょっと楽しくなってきた?」
「うーん、ちょっと。」

連想ゲームのように知識をつなげていくことを意識すると応用力がだんだんついてきますよ






学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン